遺伝子検査と人間ドッグの違い

遺伝子検査と人間ドッグの違いには、健康への影響でわかることに違いがあります。

人間ドッグのような検診では、身体全般の健康状態を検査することで、今現在の身体の健康状況を判断することができます。そのため、すでに発症しているガンなどを見つけることができます。それに対して、遺伝子検査の場合は、これから発症する可能性の高い病気を見つけることができます。

人間ドッグにかかる期間は、1日から1泊入院に近いため、手間だと感じる人も少なくありません。

遺伝子検査の場合は、病院で採決する方法や口内の粘膜細胞の検体採取により検査する方法などがあります。最近では、自宅で検査キットを使って血をとり、送付すすることで調査できる方法もあるため、結果が分かるまで時間がかかりますが、比較的手軽に行いやすいです。

人間ドッグを受け、異常が見られた場合には具体的に遺伝子検査を行い、将来の病気に備えるという方法が一般的になっています。

クリニックによっては、人間ドッグの検査の一つとして、遺伝子検査を利用できるところもあります。遺伝子検査では、普通の方法では見つけることが難しい身体の異常を発見することができるため、病気に対する予防が行いやすくなります。