AGAの遺伝子検査ではどんなことが分かるの?

agaの遺伝子検査は病院によって扱っているものが違い、何種類かがあります。
その内のひとつ、多くの病院で受けられるagaの遺伝子検査では、agaを発症しやすい体質かどうかと、この脱毛症の治療薬であるフィナステリドがどの位効きそうかという内容が分かるようになっています。

この検査を受けることによって、検査を受けた本人が将来agaになりやすいかどうかが分かりますし、もしもなってしまった時にフィナステリドが有効かどうかも分かるので、治療の方針を考えるのに役立ちます。

また、一部の病院で扱っているagaの遺伝子検査は、将来agaを発症する可能性が判定出来るとともに、フィナステリドとデュタステリドという2種類の治療薬の内、どちらがより有効な体質なのかも調べられるのが特徴になっています。

これらの遺伝子検査を受けておけば、将来薄毛になるかどうかが心配な人は、自分がなりやすい体質なら生活習慣に気をつけることで発症を遅らせるように努力することが出来ます。

そして、既にagaを発症している場合には、自分にとって有効な薬を調べられるため、効果が出そうな方の薬を使って効率よく治療が出来るようになることが、遺伝子検査を受けると得られるメリットだと言えるでしょう。