遺伝子検査の費用としてメタボ遺伝子検査キットをチェックしてみよう

最近特に利用者が増えているのが、治療への第一歩として話題の遺伝子検査です。

病院に行って調べるのには時間がなかったり、またちょっと抵抗があったりする方には、市販で手軽に購入出来る検査キットの利用がおすすめです。

自宅にいて出来る手軽さが受けた事、病気を引き起こす原因を探る手段となる事が注目を集め、通販サイトによっては品切れ状態となっているようです。

今回はそんな遺伝子検査の中でも、比較的低価格で利用出来るメタボ遺伝子検査キットをご紹介します。

メタボリックシンドロームが取りざたされるようになってからというもの、生活習慣病の中でも特に心配されているお腹ポッコリの下腹肥満、そのまま放っておくと重篤な病の引き金になる恐れがある為、健康診断でも指摘されるようになりました。

そんな方にこそお試しいただきたいこのメタボ遺伝子検査キット、費用は税抜き6,000円未満とお求めやすい価格となっています。

日本人にはもともとリスクタイプとして、病気の発症リスクの高い遺伝子が存在しているといいます。

このメタボに関しても、脂質異常症と高血圧症の発症リスクを持つ遺伝子が関係している事が分かっており、今回のキットではこのリスク遺伝子について調べる事が出来るのです。
その他にも私も検査をしたキット(遺伝子検査マイコード)という利用者が一番多いものもあります。
いずれにせよ後で後悔をする事のないように、今のうちにご自身で対策を考えてみてはいかがでしょうか。

AGAの遺伝子検査ではどんなことが分かるの?

agaの遺伝子検査は病院によって扱っているものが違い、何種類かがあります。
その内のひとつ、多くの病院で受けられるagaの遺伝子検査では、agaを発症しやすい体質かどうかと、この脱毛症の治療薬であるフィナステリドがどの位効きそうかという内容が分かるようになっています。

この検査を受けることによって、検査を受けた本人が将来agaになりやすいかどうかが分かりますし、もしもなってしまった時にフィナステリドが有効かどうかも分かるので、治療の方針を考えるのに役立ちます。

また、一部の病院で扱っているagaの遺伝子検査は、将来agaを発症する可能性が判定出来るとともに、フィナステリドとデュタステリドという2種類の治療薬の内、どちらがより有効な体質なのかも調べられるのが特徴になっています。

これらの遺伝子検査を受けておけば、将来薄毛になるかどうかが心配な人は、自分がなりやすい体質なら生活習慣に気をつけることで発症を遅らせるように努力することが出来ます。

そして、既にagaを発症している場合には、自分にとって有効な薬を調べられるため、効果が出そうな方の薬を使って効率よく治療が出来るようになることが、遺伝子検査を受けると得られるメリットだと言えるでしょう。

遺伝子検査と人間ドッグの違い

遺伝子検査と人間ドッグの違いには、健康への影響でわかることに違いがあります。

人間ドッグのような検診では、身体全般の健康状態を検査することで、今現在の身体の健康状況を判断することができます。そのため、すでに発症しているガンなどを見つけることができます。それに対して、遺伝子検査の場合は、これから発症する可能性の高い病気を見つけることができます。

人間ドッグにかかる期間は、1日から1泊入院に近いため、手間だと感じる人も少なくありません。

遺伝子検査の場合は、病院で採決する方法や口内の粘膜細胞の検体採取により検査する方法などがあります。最近では、自宅で検査キットを使って血をとり、送付すすることで調査できる方法もあるため、結果が分かるまで時間がかかりますが、比較的手軽に行いやすいです。

人間ドッグを受け、異常が見られた場合には具体的に遺伝子検査を行い、将来の病気に備えるという方法が一般的になっています。

クリニックによっては、人間ドッグの検査の一つとして、遺伝子検査を利用できるところもあります。遺伝子検査では、普通の方法では見つけることが難しい身体の異常を発見することができるため、病気に対する予防が行いやすくなります。

遺伝子検査で生活習慣病を防ぐ

高血圧や糖尿病、心筋梗塞などの生活習慣病と呼ばれる病気は、食事や運動、睡眠などの生活習慣が影響すると考えられていますが、それと同時に遺伝子の影響も大きいことが分かり、最近では遺伝子検査で生活習慣病を防ぐということが行われるようになっています。

遺伝子検査は数ミリの血液を採血して、遺伝因子のデータを解析しますが、この場合には肥満、高血圧、コレステロール、免疫など非常に多くの種類の遺伝子検査が行われます。

そして、このような検査によって生活習慣病になりやすい体質であることが分かった場合には、医師から食事や運動などのアドバイスを受けることができるので、効率的な生活習慣病対策が可能になります。この検査では数万円の費用がかかることが一般的ですが、検査は一度きりで、しかもその検査結果はその後、健康状態が変わった場合でも利用できるので、生活習慣病が気になるような場合はこの検査を受けてみることをお勧めします。

ただ、その場合には、適切なアドバイスをしてくれるような医療機関を選ぶことが必要なので、この検査に関する実績があったり、患者さんへの説明やカウンセリングに力を入れているような病院やクリニックを探すことが大切でしょう。

遺伝子検査

遺伝子検査は、DNA情報を読み取って解読することにより、三大成人病などの疾病発症リスク・体質といった遺伝的な要素を知ることができるもので、特に「がん」に対するリスクが分かるとして最近注目を浴びています。検査は20歳以上が対象、検査キットで唾液を採取し送付、500円程度の検査料などという特徴があります。

遺伝子の中には、病気リスク以外にもさまざまなものが発見されてきています。その中でも肥満に深く関係する遺伝子として「時計遺伝子」というものが有力視されています。

時計遺伝子とは、もともとは睡眠のリズムの調整作用を持つ遺伝子として知られていましたが、朝食を抜くことにより時計遺伝子が危機を感じて、身体活動によるエネルギー消費量を抑制・エネルギーを脂肪へと変換蓄積させようとすることも、明らかになってきました。

また、睡眠不足や、夜に明るいものを見続けることも体内時計を狂わすことになり、同様に肥満へと繋がります。時間を完治する時計遺伝子は、人間の細胞すべて(60兆個以上)に存在していて、20種類以上あることが確認されています。その中でも、ビーマル1(BMAL1)という時計遺伝子が特にダイエットに影響することが分かっています。